Loading...

データ取得中...

マイナー校も広告塔に利用 大学の“箱根駅伝頼み”さらに拍車

引用元:日刊ゲンダイ

いまや「お化けコンテンツ」である。

東海大の悲願の初優勝で幕を閉じた今年の箱根駅伝。大会新の総合タイム、8区を走った小松の22年ぶりの区間新など、記録ずくめの大会となった。

視聴率でも記録を更新。平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は往路が30.7%、復路が32.1%。日本テレビ系での中継開始以来、往復ともに過去最高の数字となった。

ここ数年、箱根人気はうなぎ上り。優勝校への経済効果は数十億円ともいわれ、いわゆる“マイナー”な出場校は選手を広告塔に利用。入学志願者が増加した例もあるという。

昨年まで4連覇と強豪校に飛躍した青学大も、それまで駅伝界では無名に等しかった。今では原監督だけでなくOBもテレビのバラエティー番組に出演する人気ぶり。年明けには駅伝部が磁気医療機器メーカーとアドバイザリー契約を結んだばかりだ。

今回、初優勝を果たした東海大の西出仁明コーチはこう言っていた。

「OBの方に怒られてしまうかもしれませんが、東海大学は大学としてのブランド力はまだまだ低い方と思います。だから資金力も豊かではない」

東海大は4年前からチーム寮に低酸素テントを導入。高地への順応力を向上させた。

また、東海大学スポーツ医科学研究所とタッグを組んで選手の科学的なデータを収集解析。学校一丸で「箱根」に心血を注いでいる。

■“生き残りレース”は続く

大学が「箱根ドリーム」に躍起になる背景には、深刻な少子化がある。10年後には公立高が約130校減少する見通しも報じられた。人気の低い私大は定員割れも珍しくなく、スポーツによる知名度やイメージアップに必死。「箱根」が終わっても大学の“生き残りレース”は続いているのだ。

この「ドル箱大会」にあやかりたい地方大学は多い。箱根は2024年に第100回記念大会を迎える。一部では「その年は全国大会に」という声もあるが、こんなにおいしいイベントは関東の大学だけで盛り上がりたいのが関係者の本音。それにしても箱根駅伝は、「マラソンの父」こと金栗四三が選手育成のために創設した大会だったはずだが……。