Loading...

データ取得中...

競歩・鈴木、五輪でも50キロ「気持ち固まっている」

競歩・鈴木、五輪でも50キロ「気持ち固まっている」

 ドーハで行われた陸上の世界選手権でメダルを獲得した日本代表の5人が8日、東京都内で記者会見を開いた。男子50キロ競歩で金メダルに輝き、東京五輪代表に内定した鈴木雄介(富士通)は「気持ちはほぼ固まっている」として、五輪でも50キロで臨む意向を示した。

 鈴木はレース後、世界記録を持つ20キロでも五輪を狙う可能性に言及していたが、20キロは山西利和(愛知製鋼)が金を獲得。「山西は東京も金を目指せる」と話した。銅メダルを獲得した男子400メートルリレーの決勝で第1走者を務めた多田修平(住友電工)は「五輪までに走力を上げて金メダルを取りたい」と話した。