Loading...

データ取得中...

スポーツ推薦も寮もなし 自主性を大事に成長してきた明治学院大で走ってきました!

引用元:4years.
スポーツ推薦も寮もなし 自主性を大事に成長してきた明治学院大で走ってきました!

「M高史の走ってみました」です。明治学院大陸上部の練習に参加してきました! 昨年の箱根駅伝予選会では過去最高に並ぶ20位でした。4年生だった鈴木陸選手が1時間5分1秒(個人130位)で走り、箱根駅伝の関東学生連合チームに選出されました。鈴木選手は9区で出場し、史上初めて明治学院大のユニフォームが箱根路を駆け抜けました!

練習場所は明治学院大の横浜キャンパス。自然に囲まれた開放的なキャンパスです。JR戸塚駅からバスが出ていますが、歩くと約25分。坂が多く、着くまでにいいウォーミングアップができそうです(笑)。

やる気さえあれば入部OK

指導に当たっているのは、棚瀬亮治ヘッドコーチ、門間滋コーチ、久保健二コーチ、そしてケニア人のサイラス・ジュイコーチです。

箱根駅伝の常連校や、出場に手が届きそうな大学のほとんどにはスポーツ推薦制度があり、全国各地から有力選手が集まってきます。その中で明治学院大にはスポーツ推薦がなく、指定校推薦、AO入試、一般入試で入ってくるそうです。さらに昨今、大学の陸上部に入るのにも基準タイムを設定している大学が多い中、明治学院大は「やる気さえあれば入部OK」!

棚瀬ヘッドコーチは「競技力が低かったとしても、頑張る子が多いんです」と語ります。「明治学院で陸上をやりたい」という選手が集まってくるそうで、雰囲気がよく、選手たちのモチベーションも高く、明るいチームでした!

横浜キャンパスには寮がなく、自宅から通学する選手も半分くらいいるそうです。そのため「選手たちの自主性が大切になってきます」と棚瀬ヘッドコーチ。「どんな状況でも心を乱さず、いまできることに集中する。悪条件でも動じない心を身につけてほしいですね。ないものねだりをするのではなく、いまある環境でベストを尽くしたいです」と話されました。

競技力以外の部分も伸ばしていく一例として、合宿の食事の際に「ひとことスピーチ」があるそうです。「下級生のときにうまく話せなかった選手たちも、上級生になるにつれて話せるようになってくるんですよ!」。心と体の成長、競技力だけでなく人間性も磨いていく指導方針が伝わってきました。