Loading...

データ取得中...

体操女子・村上、レスリング男子・乙黒、パラ陸上男子・井谷らが五輪&パラリンピックへ意欲

引用元:スポーツ報知
体操女子・村上、レスリング男子・乙黒、パラ陸上男子・井谷らが五輪&パラリンピックへ意欲

 株式会社明治が主催する東京五輪・パラリンピックへ向けたイベントが20日、都内で行われた。

 体操日本女子のエース・村上茉愛(23)=日体ク=、レスリング男子フリースタイル65キロ級の18年世界選手権王者・乙黒拓斗(20)=山梨学院大=、パラ陸上男子短距離(T64=下肢切断、義足装着)の井谷俊介(24)=SMBC日興証券=が出席し、小学生と触れ合った。

 5月のNHK杯を腰痛のため棄権し、今月行われた世界選手権の代表入りを逃した村上は、自身が不在の中、日本が女子団体の五輪出場枠を手にしたことについて「すごくホッとした。権利を取れたのは皆さんのおかげ」と感謝。「自分が代表に入ることとメダルを取るということは、自分の実力(次第)だと思っている」と気合いを入れ直した。

 乙黒は、先月の世界選手権において、3位決定戦で敗れメダルを逃し、五輪代表内定はならなかった。ただ、5位までの国・地域に与えられる五輪出場枠は獲得し、12月の全日本選手権を制すれば初の五輪が決まる。「自国で開催される五輪で金メダルを取れたら、自分の夢がかなうかなと思っている」と改めて大舞台での活躍を誓った。

 パラリンピック代表を目指す井谷は「自国開催なので、たくさんの応援で選手それぞれが最高のパフォーマンスを出せると思う。パラリンピックの魅力もたくさんの人に知ってもらいたい」と話した。

 同イベントでは、東京五輪・パラリンピックのスタジアム観戦と、子どもたちの生涯の思い出に残る特別体験プログラムをセットにした2泊3日のツアー(一部3泊4日)「meiji ドリームキッズ for TOKYO 2020」の募集開始が発表された。