Loading...

データ取得中...

多田が住友電工入りへ=男子100メートルのホープ―陸上

引用元:時事通信社

陸上の2017年世界選手権男子400メートルリレーで1走を務めて銅メダルを獲得した多田修平(22)=関学大=が、大学卒業後の来年4月1日に住友電工入りする方針を固めたことが5日、関係者への取材で分かった。大阪市に本社のある住友電工は実業団の強豪チーム。多田は男子100メートルで日本歴代7位に並ぶ10秒07の自己記録を持ち、20年東京五輪での活躍が期待されている。

前半の鋭い加速を持ち味とする多田は、世界選手権の100メートルで準決勝に進出。昨年6月の日本学生個人選手権では追い風参考記録ながら同種目で9秒94をマークした。今夏のジャカルタ・アジア大会の400メートルリレーにも出場し、この種目の日本勢で20年ぶりとなる金メダル獲得に貢献した。

住友電工陸上部は、現役時代に早大で長距離のエースとして活躍し、早大競走部でも駅伝監督を務めた渡辺康幸氏が監督を務めている。