Loading...

データ取得中...

レース中にけが、高校駅伝の運営側が中止判断も

引用元:読売新聞

全国高校駅伝(23日・京都)の大会事務局は10日、選手がレース中に転倒してけがをした場合などに、運営側の判断で「競技を中止させることがある」とする規定を今大会から明文化すると発表した。

10月の全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、選手が転倒して右すねを骨折。所属先の監督が棄権を申し出たが、運営側にうまく伝わらず、選手がはって中継所まで進んだことが問題となった。全国高校駅伝では審判らが続行困難と判断した場合、監督の了承を得て競技を中止させることにした。